2018年7月27日金曜日

【学問のミカタ】就職活動ではなく「入社活動」を!

キャリアデザインプログラム運営委員の小山健太です。私の専門がキャリア心理学、組織心理学ということもあり、キャリアデザインプログラムとして最初の「学問のミカタ」を私が担当することになりました。

さて、日本では多くの場合、「就職活動」ができません。

こう聞くと、高校生の皆さんや、就職活動にまだ取り組んでない大学生の皆さんは、驚くかもしれません。
でも、このメッセージは、私が担当しているキャリアデザインプログラムの授業「キャリアデザイン・ワークショップI」で必ず伝えている内容です。どういうことか、今回のブログで簡単にご紹介します。

まず、世界で一般的な採用方式は「ジョブ型」です。これは、個別のジョブ(職務)を前提に、そのジョブに必要な知識や能力を既に備えている人材を採用するというアプローチです。いわば適材適所の採用方法で、採用後も個別のジョブの範囲内で働くことになります(職務限定採用)。(参考図書:濱口桂一郎(2013)『若者と労働』中央公論新社)

「就職活動」は、英語ではjob hunting や job search などと表現されます。つまり、「ジョブに就く活動」ということです。ですから、就職活動とはジョブ型雇用のもとで必要となる活動なのです。

キャリアデザインプログラムでは、幅広い専門性を学習し、
また実践的なスキルを身につけられる機会がたくさんあります。

一方で、日本企業の場合はどうでしょうか。

多くの皆さんは、大学卒業後に企業で「正社員」として働くことを希望していると思います。この「正社員」という考え方は日本独特のものと言って差し支えないでしょう。

これまで多くの日本企業が、学卒者を「正社員」として採用し、長期的な雇用を(暗黙に)保障することによって、企業内で長期間育成するというアプローチをとってきました。
毎年一回、4月1日に多くの学卒者が正社員として入社する仕組みを「新卒一括採用」と呼びますが、これもまた日本独特のシステムで、現在でも多くの日本企業で取り組まれています。

新卒一括採用で入社した正社員は、様々な仕事を通じて、広範囲の知識・スキルを学習していくことが期待されています。企業の新卒採用ホームページを見ると、募集職種の表記が「事務系」や「技術系」などとなっていることがほとんどです。これは、企業内にたくさんある仕事を大ぐくりに区分し、あえて個別のジョブ(職務)を限定せずに採用しているということなのです。

このような入社型の採用方式をとっている日本企業の強みは「現場力」だと、私は考えています。石田英夫先生の著書『日本企業の国際人事管理』では、日本企業を他国の組織と比べて次のように説明しています。
「・・・末端の労働者を比べると、日本のほうが強いということになる。つまり、有能でやる気も旺盛な日本の労働者が、組織の情報を豊富に共有し、組織目標への貢献意欲をもちながら、自ら「考える」仕事ぶりによって、職場の問題解決に比較的大きな発言権を行使しており・・・ 」
(出所:石田英夫(1985) 『日本企業の国際人事管理』日本労働協会、p19)

つまり、日本企業の正社員には、あえて個別具体的な職務を限定せずに自ら考える余地を残すことで、全社的な視点をもちつつ、様々な専門能力を自ら学び、仕事において創意工夫することが期待されているのです。

このように、日本企業における採用方法は、世界で一般的なジョブ型とはまったく異なるのです。先ほどの濱口先生の著書『若者と労働』では、日本の採用方法を「入社型(メンバーシップ型)」と説明しています。つまり、新卒一括採用で「正社員」として入社し、入社後に様々な仕事を経験することによって成長していくことが求められるのです。
(日本企業がこのような世界的にみて独特な採用方式に至った歴史的経緯は、また別の機会で説明することにします)

それでは、「入社活動」では、企業側はどのような点を重視して採用をしているのでしょうか。

リクルートキャリア就職みらい研究所の『就職白書2018』によれば、「企業が採用基準で重視する項目」の1位は「人柄」、2位は「自社への熱意」、3位は「今後の可能性」です。この調査からも、多くの日本企業が、若手人材に、個別の専門スキルではなく全人的な素養(そのなかでも「様々な専門性を学ぶ姿勢」が特に重要だと私は考えています)や、入社後の成長、個別のジョブではなく全社的視点を期待していることがわかります。

ただし、これからの時代の「入社活動」は、1つの会社に自分の一生を捧げることを意味するわけではありません。今後は、長いライフキャリアのなかで転職(これも日本の場合、実際には「転社」です)を経験する人も増えると思います。その場合でも、やはり転職先の新しい組織において、全社的な視点をもち、新しい専門能力を自ら学び、創意工夫することが求められる場合が多いのです。

今回の「学問のミカタ」では、日本企業に特有の「入社活動」についてご紹介しました。
キャリアデザインプログラムでは、1年次に東経大4学部の入門科目を学習し、2年生以降は各学部の専門科目を幅広く学べる「クラスター」という制度があります。また、実践的なスキル・能力を身につけられるプロジェクト活動(グループワーク)の機会も多くあります。こうしたプロセスを通じて、専門性を幅広く学ぶ力を養い、日本企業に入社してから広い視野をもって創意工夫できる人材に育ってほしいと願っています。


【学問のミカタ】
東京経済大学では、各学部で高校生向けに分かり易く専門分野の教員がブログを公開しています。ぜひご覧ください

経済学部ブログ「復興支援の経済学
経営学部ブログ「Amazonが覆しつつある常識・・・
コミュニケーション学部ブログ「アスリートは勝負をどう学ぶのか
現代法学部ブログ「裁判員って何をするの?
センター日記「ドイツの政治教育

2018年7月4日水曜日

課外活動で成長しよう!

梅雨も明け、毎日暑い日が続きますね。
サッカー・ワールドカップもあって
寝不足や夏バテをしていませんか。
新年度が始まって、3か月が過ぎました。
1年生も大学生活に慣れて、
部活・サークル、アルバイトで人間関係が広がり、
「だいがくせ~い!」を実感している人もいるのでは。

さて、突然、話は変わってキャリアデザインプログラム(CDP)が実施した
イベントをひとつ紹介します。

5月30日水曜日。
キャリアデザインプログラム(CDP)は、1年生を対象に
セミナー&ワークショップ『CDP with Google Womenwill』を開催しました。
テーマは《AI時代を生き抜くキャリアデザイン》。

このセミナー&ワークショップは、
「女性が直面するさまざまな問題を、
テクノロジーによって解決を目指す、
Googleのアジア太平洋地域全体での取り組み」
『Womenwill』の活動に賛同した東京経済大学が、
2017年にスタートしたキャリアデザインプログラム(CDP)の
課外活動の一環としてはじめた、今年で2回目のイベント。



通常の学部教育とは別に4年間を通じワークショップで
「自分の人生」や「キャリア」をみんなで考えるというのも
キャリアデザインプログラム(CDP)の特徴。
そのスタート・イベントです。

内容もさることながら、
お伝えしたいのは
学年を越えた学生の縦の繋がりの強さです
(とは言ってもまだ2期目ですが…)。



昨年の5月、このGoogleセミナー&ワークショップのあと、
1期生は有志による学生団体「TKU Unlimited」を設立。
10月には「働き方改革を考えるシンポジウム」を主催し、成功させました。
彼らの1期生としての団結心と2期生へ思いがなければ
今年のこのイベントも成功しませんでした。

何日も前からUnlimitedの1期生たちは、
1年生と一緒に取り組むワークショップを企画。
当日も1年生のグループにファシリテーターとして加わり、
1年生の学びを支えてくれました。


また今回のテーマにちなんで
学生たちのグループ発表にGoogleのテクノロジー「Google ドライブ」を利用。
これは驚きの技術です。

たとえば資料作成過程を何人もがPCを通じて
同時に共有できるというもの。
ひとつのシートを場所と時間を超越して
みんなで手を加えることができる優れものです。

サークルやアルバイトで忙しい学生も、
グループワークのために特定の場所に集まる必要がなくなります。
場所と時間を越えて「知」を共有し創造できる技術です。
いよいよテクノロジーは近代を越えてきました。
「ポストモダン」です。
そんなテクノロジーに大学初年度から触れられる学生が
とてもうらやましく思います。

さてCDPの1期生と2期生は
8月1日(水)と2日(木)
そして8月25日(土)と26日(日)の
オープンキャンパスのワークショップ体験で高校生の皆さんをお待ちしています。

またUnlimitedの活動としては
8月29日(水)に
発展途上国の少女の早期婚や望まぬ妊娠という視点から
女性の自立や自律、そしてキャリア形成を考える
映画「ソニータ」の上映会。

10月13日(土)は
『AI時代を生き抜くキャリアデザイン』をテーマとしたシンポジウム。
成功に向けて学生たちは準備を重ねています。

課外活動を通じて成長する
東京経済大学キャリアデザインプログラム生の
発信力を多くの方々、高校生に知っていただきたいものです。
2期生もなかなかのものです。成長が楽しみです。

さぁ、そろそろいつもの通り、学生から声が聞こえてきます。
「先生!話が長いっ!」

それは失礼しました。
以上、6号館2階、学習センターより特命講師の新井がお伝えしました。

2018年4月27日金曜日

CDPデイキャンプを実施しました


キャリアデザインプログラムの大きな特徴が、実際に学生が課題に取り組むことで学ぶワークショップを中心にすえた4年一環のキャリア教育です。

1年1期のキャリアデザインワークショップⅠ、2期のキャリアデザインワークショップⅡから、4年生のキャリアデザインワークショップⅦまで少人数によるワークショップ教育を通じて、就業力を高めるカリキュラムを構成しています。

このワークショップでは、単に授業を受け講義を聴くということでなく、学生がグループで課題に取り組むため、グループワークでの学びが重要になります。主体的に参加し、自ら学ぶことがワークショップ型教育の基本。これを体験するイベントとして、4月21日にCDPデイキャンプを実施しました。


前半は昨年度実施した企業体験プログラムであるジョブシャドウイングを紹介し、参加した2年生の体験を話してもらいました。なお昨年度実施したジョブシャドウイングについては、大学Webにて紹介されています。





後半は2年生のファシリテーションによる、 ワークショップを実施しました。ワークショップのファシリテーションを担当した2年生の島尚希君にコメントをもらいました。





私たちキャリアデザインプログラムの1期生は、2期生と交流の一環として4月21日にデイキャンプを開催しました。

2期生への企画としては1番大きな企画だったので準備も春休みから行いました。普段の授業では先生方が考えてくれるアイスブレイクやワークショップの内容を、先生方の意見をもらいながら自分達で試行錯誤を繰り返し検討しました。普段は授業を受ける側の私たちが今回は授業を作る側になるということでとても難しく、1つの授業を作り上げる楽しさと大変さを学びました。

そして当日、開始前にみんなで集まり円陣を組み成功を誓い合った瞬間は、私にとってもみんなにとっても忘れられない瞬間になったと思います。

学生企画が始まり早速準備してきたアイスブレイクが行われました。「私は〇〇です」というテーマで、一人ひとりが自分のことを時間内にグループのメンバーに紹介するというものです。私は司会という立場で全体を見ていましたが、どの班も明るく楽しそうな雰囲気で進んでいました。

次に、1期生がそれぞれのグループに分かれキャリアデザインプログラムで過ごした1年間を話す時間がありました。みんな直前まで「何を話そう」とか「時間持つかな」など不安を口にしていましたが、始まってみたらどの班も話が止まらず時間はあっという間に過ぎていきました。私も話が止まった班に行って話そうと思い話題を考えていましたが、ほとんど出番ありませんでした。

そして、ワークショップの終盤に差し掛かりグループワークの時間となりました。2期生が1期生の話をもとに「CDP生として目指す姿」、「それに向けてやるべきこと解決すべき課題」、「スローガン」を各班が考え発表しました。発表は2期生がおこない、緊張しながらも自分たちの考えた意見をしっかりと話す姿に、さすがキャリアデザインプログラム生だなと頼もしさを感じました。

私は司会という重要な役割を担ったことで時間配分や雰囲気の作り方など、様々なことを学びました。しかし全体を見回す立場として一番印象に残ったのは1期生のみんながとても堂々とたくましく見え、2期生のみんなも受け身ではなく先輩から何かを吸収しようと前のめりでデイキャンプに参加していた姿です。

1期生、2期生、先生方たくさんの人の協力によって開催された初めてのデイキャンプは本当に素晴らしい企画だと思っています。来年、そして再来年とさらにグレードアップしたデイキャンプを開催したいと思います。


2018年4月14日土曜日

履修登録相談会

いよいよ東経大キャリアデザインプログラム(略してCDP)も2期生を迎える春が来ました。
昨年に引き続いて、定員ぴったりの50名の新入生が入学しました。

その2期生を迎えるにあたって、1期生の有志が作る学生団体 TKU Unlimitedの学生たちが履修相談会を実施しました。隣の教室では教員による学習相談が行われ履修の相談を受け付けていますが、こちらでは2年生が1年生の相談にのるという行事です。履修登録期間の4月3日、4日の2日間にわたって実施されました。

 


大学に入ったばかりの新入生が、まず出くわすのがこの履修登録という作業です。履修登録では、今年履修する科目を自分で選び、自分で時間割を作ることになります。しかし高校生や受験生から大学生になったばかりの1年生は、どうやって科目をえらんでいいものやら、ということになりがちです。

特にこのキャリアデザインプログラムでは、1年生では学部を選ばずに入学し、2年生になる際に学部を選ぶという仕組みのため、4学部の学生とは履修の傾向も異なります。そのためCDPを1年間経験済みの2年生の登場というわけです。

この学生による1年生のための履修登録相談会を実施したのは学生団体TKU Unlimited。その代表である加藤美香さんからコメントをもらいましたので、ご紹介します。




入学式の翌日に、CDPの有志の1期生が、2期生を対象にした「履修登録相談会」を行いました。
企画した私たち1期生は入学当初、CDPという新しいプログラムには先輩がおらず、学生生活に不安を抱いていました。特に、時間割作成は、独特の組み方をしなければならないため、とても心細かった記憶があります。
そこで私たちは、CDPの縦の繋がりをもっとしっかりと作りたいと考えました。その繋がりの場であるTKU Unlimitedは、今年新たに2期生を迎えて活動していきます。
企画した相談会は、3つの「学生だから伝えられること」にこだわりを持った企画にしました。
1つ目は、履修した講義の感想や内容をメンバー内で共有し、実際に講義を受けてみた意見を2期生に伝えられるようにしたところです。私たちが履修して感じたことを伝えることに需要があると考えました。
2つ目は、私たちのプロフィールシートを作成したことです。ここには、1年生の時の時間割を記載し、実際の例を見て参考にしてもらえるようにしました。時間割の組み方も人それぞれなので、様々なパターンを提示することで、自分オリジナルの時間割を作れるのかなと考えました。
3つ目は、CDP生の初めての交流の場を作ったところです。冒頭に挙げた「不安」を解消するポイントは、実際の声を聞き、質問できる事です。やはり、実際に経験した人の話は心強いものですから、どうしてもこの相談会には思いがこもりました。
当日は想定以上の新入生に相談に来てもらえました。
やはり、経験談を聞きたいというニーズがあったのだと思います。1期生を増員し、とても活発的な雰囲気の中、無事に終了することが出来ました。また、早期に1期生と2期生が交流できたことにより、TKU Unlimitedの活動がスムーズにも行えるようになりました。
私からのメッセージになりますが、CDPの伝統行事として、これからも学生のアイデアと心のこもった履修登録相談会が続いていけばいいなと思います。

2018年4月5日木曜日

CDPのブログを開設しました

2017年4月に東京経済大学に開設されたキャリアデザインプログラム。

1年遅れにはなりましたが、ブログを開設しました。

少人数によるキャリア教育、1年間社会科学の基礎を学んでからの学部選択、広く社会科学を学ぶことができる学部横断履修制度。3つの特徴をもった東京経済大学キャリアデザインプログラムの今をお伝えしていきます。